徳島県農業開発公社の概要

沿革

設置の趣意

国民への食糧の安定供給と生産性の高い農業経営を育成することが農政の基本課題であり、これらを解決するため、その基盤である農用地の確保、拡大とその効率的利用、農業経営の拡大等を積極的に推進することを目的として昭和45年に農地法の一部改正が行われ、昭和46年に農地保有合理化法人として、財団法人徳島県農業開発公社が設立された。

設置の経過

昭和46年10月  9日 設立許可(県指令農林第811号)
昭和46年10月16日 法人設立登記
昭和46年12月14日 農地保有合理化事業を行う法人として指定される。
平成  7年  6月15日 徳島県青年農業者育成センターとして指定される。
平成10年  7月  1日 徳島県青年農業者等育成センターと名称を変更
平成25年  4月  1日 公益財団法人として移行認定を受ける。
平成26年  3月19日 徳島県農地中間管理機構として指定される。

 

 

組織役員

 

組織役員

正味財産増減計算書・貸借対照表

平成28年度正味財産増減計算書(2MB)

平成28年貸借対照表(2MB)